Schedule

シアターギルド 代官山東京ラーメンの名店・びぜん亭にアメリカ人監督が1年間密着。各国映画祭でも絶賛の旬の食材が織りなすヒューマン&フード・ドキュメンタリー『またいらっしゃい』

東京ラーメンの名店・びぜん亭にアメリカ人監督が1年間密着。各国映画祭でも絶賛の旬の食材が織りなすヒューマン&フード・ドキュメンタリー『またいらっしゃい』

東京ラーメンの名店・びぜん亭にアメリカ人監督が1年間密着。各国映画祭でも絶賛の旬の食材が織りなすヒューマン&フード・ドキュメンタリー『またいらっしゃい』

チケット購入はこちら
監督
ジョン・ダッシュバック
キャスト
植田正基、植田和子、田中貴
製作年
2021

※開場は上映の30分前になります。


☆大好評につき、4月7日よりシアターギルド代官山での追加上映も決定!
4月13、14日の土日にある計4回の上映には主演のびぜん亭店主・植田正基さんとジョン・ダッシュバック監督、山本航プロデューサー、ロックバンド サニーデイ・サービスの田中貴さんの登壇も決定!


独学のラーメンの達人である植田正基に1年間密着。
人懐っこい大将が昔ながらのラーメンを45年作り続けるびぜん亭(東京都千代田区)店内の様子は郷愁たっぷり。日本各地の田舎を常連と共にめぐる週末の旅にもカメラは同行。竹の子狩りや梨農家の収穫の手伝い、自然薯掘りなど外遊びも食にまつわるものばかり。“収穫”はお店にも還元され……。
小さなラーメン店とそこに集う人々、そして旬の食材が織りなすヒューマン&フード・ドキュメンタリー。日本初公開!

予告編
https://www.youtube.com/watch?v=qAv6dAr62oA

公式サイト
https://ja.comebackanytime.com

カナダドキュメンタリー国際映画祭(HOT DOCS)でのワールドプレミアを皮切りに、メルボルン国際映画祭、DOC NYC、デンバー映画祭、ハワイ国際映画祭、コーク国際映画祭ほか13の国・地域で31の映画祭に正式出品。4つの映画祭で5部門を受賞。

◾️監督メッセージ
私がびぜん亭を初めて訪れたのは2013年の秋です。職場が近くてびぜん亭によく通っていた日本人の友人が大将の植田さんから自然薯掘りに誘われて、「一緒に行かない?」と声をかけてくれたんです。自然薯が何かもまったく知らなかったけれど面白そうなので同行させてもらうことに。挨拶がてらすぐ店を訪れて看板メニューの醤油ラーメンを頼みました。当時ラーメンと言えば豚骨しかよく知らなかったので醤油と出汁のバランスが絶妙なスープのおいしさに驚きました。トロトロのチャーシューの味にもびっくり。そして日本語がつたない私に、とびきりの笑顔で日本語の機関銃トークをしてくる大将のフレンドリーさに何よりシビレました(笑)。それ以降月1くらいでびぜん亭に行くように。釣りやピザパーティーにも参加して顔なじみのお客さんも増えました。夜は隣り合った初対面同士が楽しく盛り上がる居酒屋のような雰囲気も最高で、すっかりファンになったんです。アメリカの家族や友人には帰省のたびにびぜん亭のすばらしさを何度となく語りました。でも口頭ではその良さがなかなか伝わらなくて。そんな時「映像を撮って見せるのが手っ取り早いのでは?」と思ったのが、このドキュメンタリーを作るきっかけとなったんです。断られるのも覚悟して撮影のお願いをしてみたところ拍子抜けするほどすぐ快諾してくれました(笑)。そこから1年以上お店と大将の外遊びに同行し撮影する日々でした。タフな大将への密着は大変でしたが、その何十倍も楽しい時間を共有させてもらいました。何十時間と撮りためた映像を編集したのはコロナ禍のロックダウン中でした。大好きな店で飲み食いできる日常が急に当たり前ではなくなったあの時期に編集作業をしたことは、「またいらっしゃい」の作風に大きな影響を及ぼしています。ようやく日本でも公開することができ本当にうれしいです。2023年3月末に閉店してしまったびぜん亭ですが、たくさんの人に愛された店と大将・女将、そして常連客の姿を記録し残すことができ幸運でした。本作でびぜん亭にぜひCOME BACK ANYTIME(またいらっしゃい)してください!
(ジョン・ダッシュバック)

◾️ミュージシャンきってのラーメン好き田中貴(サニーデイ・サービス)も出演!
田中貴:たなかたかし。ロックバンド、サニーデイ・サービスのベーシスト。1994年にメジャーデビュー。ツアーで全国をめぐる際の食べ歩きでラーメンの魅力にハマり、年間500~600杯を食す。CSフジのTV番組「ラーメンWalker TV2」にメインMCで出演するほか、「ラーメン狂走曲」(ワン・パブリッシング)を出版するなど、ラーメン愛好家としても幅広く活動。本作では日本のラーメンの歴史や、びぜん亭と大将の魅力について語っている。



2021年 81分
長編ドキュメンタリー映画
出演:植田正基、植田和子、田中貴
監督・撮影・編集:ジョン・ダッシュバック
プロデューサー・通訳:山本航
エグゼクティブプロデューサー:アンドリュー・ランド
共同プロデューサー:リサ・コーエン
オリジナルスコア:マイケル・シャイブ
音楽制作:ブレント・ロード
サウンドデザイン:原田亮太郎
サポートエンジニア:岩波昌志

☆Heartwarming ramen documentary (in Japanese with English subtitles)

After screening in film festivals and cinemas in more than 25 countries around the globe, the award-winning documentary is now screening in Japan with English subtitles. Come experience the heartwarming story of self-taught ramen master Masamoto Ueda, who created a community in Tokyo one bowl of ramen at a time.

COME BACK ANYTIME
81 minutes・Color & B&W ・ 2021
Japanese with English subtitles
Featuring Masamoto and Kazuko Ueda
with a special appearance by Takashi Tanaka
Directed by John Daschbach
Produced by Wataru Yamamoto

trailer
https://www.youtube.com/watch?v=qAv6dAr62oA

official website
https://www.comebackanytime.com

本チケットはウェルカムドリンク付となっております。
ソフトドリンクや、ワイン・ビール・人気の特製ハイボールなどのアルコール類もご用意しております。
ご来館された際にお好きなものをお選びください。

◾️開場はそれぞれ、販売記載覧時間の30分前になっております。
当館は全て、自由席になっておりますので、早めにご来場いただきお席を確保なさってドリンクなどをお楽しみいただき、
開演をお待ちください。

上映スケジュール
  • 空席あり
  • 残りわずか
  • 完売

上映作品一覧

【下北沢を舞台にした映画特集】劇場

  • 監督:行定勲
  • 2020
  • 上映時間:136分
  • @シアターギルド 代官山

【下北沢を舞台にした映画特集】オジキタザワ

  • 監督:藤本匡志 (BIS)
  • 2022
  • 上映時間:87分
  • @シアターギルド 代官山

【下北沢を舞台にした映画特集】街の上で

  • 監督:今泉力哉
  • 2019
  • 上映時間:130分
  • @シアターギルド 代官山

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 前章

  • 監督:アニメーションディレクター 黒川智之
  • 2024
  • 上映時間:120分
  • @シアターギルド 代官山

BAR TIME

  • 監督:
  • None
  • 上映時間:None分
  • @シアターギルド 代官山

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章

  • 監督:アニメーションディレクター 黒川智之
  • 2024
  • 上映時間:120分
  • @シアターギルド 代官山

「5 Senses at Art Theater」Session 5

  • 監督:
  • None
  • 上映時間:None分
  • @シアターギルド 代官山

【下北沢を舞台にした映画特集】ざわざわ下北沢

  • 監督:市川準
  • 2000
  • 上映時間:105分
  • @シアターギルド 代官山